ニュース

2023-01-09
革新的なサービスと技術を活用した洗濯・脱水・乾燥のワンストップフランチャイズ「SeSA ランドリーバー」 安定的な高収益を創出

出所:商業週刊誌

「どんな日に洗濯していいですか?」雨が降り続いたり、PM2.5による大気汚染が心配したり、または忙しくて時間がない日常にありがちな質問ですが、「セルフサービスのランドリー」に行って解決するのが良いでしょう。しかし、セルフランドリーには照明が足りなく、女性が夜一人で行く安全性の心配や、座席がないため、別の休憩スペースを見つけるか、何度も行ったり来たりする必要があることはもとより、一番気になるのは、多くの人が利用する洗濯槽が清潔かどうかです。

 

おしゃれなインテリアと洗濯・脱水・乾燥のワンストップサービスでお客様を惹きつける

創業43年の上洋産業は、セルフランドリー市場に需要が大きいのに着目し、2013年に「SeSAランドリーバー」を立ち上げました。ブランドの優位性及び革新的なサービスにより、台湾のセルフランドリー市場で良い成績を収めています。上洋産業業務用ビジネスグループ副総経理の莊雅嵐氏は、「上洋は業務用ランドリーに関して台湾で市場を運営している経験や日本、米国など多くの有名な業務用洗濯乾燥機ブランドを代理販売していることから、セルフランドリーに関して発展できる市場はまだまだ大きいと考えます。」と述べました。「SeSAランドリーバー」の立ち上げはまさにその新しいビジネスチャンスへの試みです。
「SeSA ランドリーバーに入ると、黄色味の明るい照明、木製の椅子、大きなテーブル、充電できるコンセントなどが温かく、明るく、おしゃれな空間を作り、お客様に新しいセルフサービスのランドリー体験を提供しています。」例えば、女性が安心して洗濯できるよう、夜間に電気の付けっぱなしを加盟店に要求しています。待機客が本を読んだり、携帯電話を使用、充電したり、お母さんが乾いた服を店内で畳んでおくことができたりするようなしゃれた雰囲気が漂う木製のテーブル椅子セットを備えています。このようにお客様への思いやりがいっぱいです。莊雅嵐氏は、「SeSA」は洗濯を意味する台湾語で、英語にしてスタイリッシュに表現したいです。

SeSAランドリーバーは、温かく、明るく、おしゃれで安全な空間を人々に提供している

「SeSA ランドリーバー」の最も強いコアコンピタンスは、洗濯・脱水・乾燥をワンストップで実現できる日本AQUAブランドの機種を利用していることです。莊雅嵐氏は、中流階級の家庭や一人暮らしの者は家事をする時間があまりないため、お客様にとって洗濯物を取り出して別機器に移す手間をかけずに乾いた服をそのまま持ち帰ることが可能な洗濯、脱水、乾燥を一気に完成させるランドリー機器は大変助かります。 効率が高いだけでなく、「機器の内槽は最後で乾燥されるので、より抗菌で清潔な状態を保つことができます。」また、洗濯前に内槽の洗浄を自由に選択可能なため、セルフランドリーの衛生面と安心感の向上につながります。
「AQUAの業務用洗濯機は、洗濯、脱水、乾燥を一気に完成させるランドリー機器です。日本国内シェアNo.1。お客様に洗濯の品質と利便性を実感していただけます。お客様に満足していただければ、お店も自然に商売繁盛になります」 !」莊雅嵐氏は、「日本ブランドの慎重な経営姿勢と高品質で耐久性のある製品というコアの優位性を受け継いでいるAQUAは、60分で洗濯、脱水、乾燥を完了する効率の高さと環境に優しい省エネ性、10年以上の寿命を持つ耐久性があります。」と語ります。同時に、上洋のカスタマーサービスネットワークが台湾全土に完備されているため、店内機器に何か問題があったら即時に対応されるのでフランチャイズ加盟者には商売が中断されることなく機器の回転率も向上します。




SeSA洗衣吧洗脫烘一次完成,中途不用取出衣物換機器,且每位使用者在洗衣前,還可免費選按內槽清洗,自助洗衣變得更貼心、衛生、有效率。
 

プロによる企画力とブランド力の相乗効果で300万の出店資金は約2~4年で回収

「多くの加盟希望者は出店資金や店舗スペースを準備してきたが、SeSAランドリーバーのコンサルティングチームは合理的な分析を行って、彼らに対して再度評価を頂くようにアドバイスしています。」莊雅嵐氏は微笑みながらこう語りました。「店が適切でない場合は、弊社の営業マンは加盟者と一緒に時間をかけて適切な店を見つけるまで探します。」なぜこんなに慎重に進めるのかについて、「加盟希望者はほとんどサラリーマンで、300万台湾ドルは少ない金額だし、店を立ち上げてから賃金、水道電気代、設備回収などの費用もかかるため、ちゃんとした事前計画、マーケティング、アフターサービスとメンテナンスのサポートがあるからこそ彼らの成功を助けるのです。」莊雅嵐氏は、上洋産業はOTCに上場している企業であり日系の設備を使用しているので、加盟者にはより完備な保証を提供できます。市場にはSeSAランドリーバーを模倣する競合他社が多数存在しているが、会社の規模が小さいか中国の設備を使用しているため、ブランド力や信頼性がなく、投資リスクが比較的高いと思われます。
モノのインターネット (IoT) を使用した無人店舗の管理は、ビッグデータ時代における SeSAランドリーバーが成功を収めた革新的なサービスです。莊雅嵐氏は、ビッグデータ分析を通じて、公式ウェブサイトで顧客と店舗オーナーに正確なサービスと管理システムを提供することによって、SeSAランドリーバーの使いやすさはレベルアップされます。消費者は洗濯機器のステータスをオンラインで確認できるので、「洗濯がいつ終わるか遠隔でわかるから店内で待つ必要がなくなりました。」店舗管理システムは機器の異常や緊急事態を遠隔から通知できるため、「店主は遠隔から機器を再起動させることができ、別の機器を起動して顧客に使ってもらえればいいので問題が起こったら早く対応できます。」



SeSAランドリーバー はモノのインターネット (IoT) を利用して無人店舗の管理を支援しています。店舗オーナーは、リモートでトラブルシューティングするか別機器をスタートして顧客に使ってもらうか問題をタイムリーに解決できます。そして、消費者は携帯から洗濯が完了するまでの時間を確認できるから店内で待機する必要もありません。

現在、SeSAランドリーバーは139店舗の加盟店があり、最も古い店舗は2013年オープンの店で、他に2年で5つの店も構えた加盟店主や、兄弟姉妹で一緒に加盟した店主さんもいます。莊雅嵐氏は、出店資金300万元は2~4年程度で回収できるため、定期預金よりも収入が良いと分析しました。店主さんが接客上手であれば、利益がさらに良くなります。セルフランドリーは需要に頼っているビジネスで、雨が降ったり、季節が変わったりする時点しかお客様が来ないため、経営者は気長に待つ必要があります。開店に関しては冬から春にかけて準備をして夏のピークシーズンにオープンするのが一般的で、専任の大工職人、水道、電気チームがサポートしているため、1か月以内の開店ができます。「上洋は、業界のリーダーとなり、業界の価値を高めることを目指しているため、さまざまな分野で先頭を切っています。SeSAランドリーバーのインテリアデザイン、機器ハードウェア、洗濯、脱水、乾燥のワンストップ機能、最先端のテクノロジーの利用などがブランドの優位性を築き、加盟者たちに信頼されるようになります。 」

写真


前のページヘ   |   次の章